朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 免許皆伝にかかる時間

暑い夏に無性に食べたくなるかき氷。

先日テレビで、「 コロロおどるスイーツメーカー 」 という
商品が紹介されていました。

「 コロロおどるスイーツメーカー 」 は、独特な食感のグミ
「 コロロ 」 を販売しているUHA味覚糖と、

一般的な家庭用商品をはじめ、
本格的なふわふわ食感の氷が削れる商品など、

多種のかき氷器等のスイーツメーカーを発売している
株式会社ドウシシャが共同開発したスイーツメーカーです。

UHA味覚糖の人気商品コロロの新しい食べ方を広げようと
いう想いと、

株式会社ドウシシャのシロップ不要の新しいかき氷器を
作りたいという想いが合致し、共同開発が実現したそうです。

「 コロロ 」 は、グミをコラーゲンの膜で包んだUHA味覚糖の
新感覚グミで、みずみずしくジューシーな仕上がりと、
果実のような食感が人気とのこと。

作り方は、コロロ6粒とバラ氷5個をセットし、
10秒間スイッチを押すだけでOK。

コロロ自体の味が楽しめるため、
シロップ不要で手軽に食べられます。

ココロのフレーバーは、グレープ、マスカット、白桃、
いよかん、ストロベリーなどがラインナップ。

子供でも簡単に作れ、味もいつものシロップがかかった
かき氷よりおいしいとの声も多いようです。

洗いやすく拭きやすいシンプル構造は、
ママからの評判も上々。

今年の夏は、コロロ入りかき氷で楽しんでみては
いかがですか?

今回は、ある剣豪と弟子の会話を朝礼ネタに
してみました。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本にあった話ですが、

刀の剣豪である師匠に弟子が、

「 一生懸命に修行すれば、何年くらいで免許皆伝に
なりますか?」

と尋ねました。

師匠は、「 一生懸命に修行すれば、5年だ 」 と
言いました。

5年という月日が不満だった弟子は、

「 では寝食を忘れて、修行に打ち込めば何年ですか?」

と尋ねます。

師匠は、「 それならば10年かかる 」 と答えました。

弟子はわけがわからず、

「 もう死に物狂いでやります。そうしたら何年ですか?」

と尋ねると師匠は、

「 死に物狂いで修行すれば、一生かかってもできない 」
と話したそうです。

この話が伝えたいことは、「 継続することの大切さ 」 です。

死に物狂いの修行は継続が生まれず、実を結びません。

ほどほどの修行だからこそ継続が生まれ、実を結ぶのだ、
ということでした。

仕事におきましても、急がず焦らず、続けることを大切に、
日々行動していきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事

朝礼ネタ ダンゴムシのふんに抗カビ効果を発見

みなさんは、「 パワードスーツ 」 ってご存知ですか?

建設や介護、農業など、体を酷使するような業種で
注目されているもので、
体の負荷を減らして作業効率を上げる身体補助具です。

従来はそういった業種の企業向けに販売されていたのですが、
東京理科大学発のベンチャー企業イノフィスから、

一般消費者向けに発売されたのが、
マッスルスーツ Every 」 です。

同社のマッスルスーツは、最廉価モデルでも価格が
約50万円と、個人が購入するにはハードルが高く、

老々介護など在宅介護を行っている家庭などから
問い合わせを多くいただいていたものの、
価格を伝えると購入を諦める人がほとんどだったとのこと。

「 マッスルスーツ Every 」 は、そういった個人のお客様にも
使っていただくために、

汎用部品の採用や、樹脂によるフレームの一体成型化を
行うことで、約3割の部品点数を削減。

本体重量も3.8kgと軽量化し、価格も13万6000円(税別)と
低価格化を実現しました。

駆動源は電力ではなく空気で、25.5kgfの最大補助力を
発揮するとのことです。

力作業を行う時用に、「 一家に一台のマッスルスーツ 」。

そんな時代もすぐそこかもしれませんね。

今回の朝礼ネタは、疑問を持ち、それを解明しようと
努力を続けた高校生のお話です。



↓ ここから朝礼ネタ

先日読んだ記事に、島根県に住む高校生が、
ダンゴムシのフンに抗カビ効果があることを発見した、
というものがありました。

彼は小学1年生の時に、家庭菜園にたくさんいる
ダンゴムシとワラジムシを見て、

「 なぜダンゴムシは丸くなるのに、ワラジムシはならないのか 」
を疑問に思い研究を始めます。

プラスチックケースでダンゴムシとワラジムシを飼育し、
観察を続けていた小学4年生の頃に、

「 弟が飼い始めたナメクジのケースにはカビが生えているのに、
ダンゴムシのケースにはカビは生えていない 」
という新たな疑問が芽生えたそうです。

そこでミミズも飼育してそれぞれを比較し、
ダンゴムシがカビの発生を抑えているという確信を持ちます。

さらに小学6年生で、カビを防いでいるのはフンだと確信し、
フンを加熱したりすると効果がなくなることから、
中にいる微生物がきっと影響しているはずだと推測。

フンの中にいる細菌やカビの培養を繰り返し、
中学生から高校生になるまでに39種類の細菌を見つけ、

13種類にカビの発生を抑える効果があることを
発見したそうです。

この記事を見て思ったことは、

一つのことに集中して取り組むことで、普段は何気なく
見逃している中にも、もしかすると大きな発見や気づきが
たくさんあるのではないか?ということです。

仕事におきましても、

見る視点を少し変えてみて、改善や効率化につながる
発見ができるように、がんばっていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事
朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● 始めよう 資産運用

● 映画ドラマが見放題

● ワンピース一気読み

● 人気No1クレジット

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 40

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

スポンサーリンク
姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ