朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ ヒトデの喜び

みなさんご存知、お菓子の「 オレオ 」。

日本でオレオブランドを展開するモンデリーズ・ジャパンが、
おやつの時間をより楽しんでいただきたいと開発したのが、
音楽プレイヤー 「 オレオ ミュージックボックス 」 です。

レコードのように、ターンテーブルの上にオレオをのせて
アームをセットすると、アームに付いたセンサーが
オレオの形を検知して曲が流れる仕組みで、

少しかじったオレオをターンテーブルにのせれば、
また違う楽曲が流れます。

流れる曲は、米国のオレオキャンペーンで使われた
5種類をそれぞれ30秒ずつ収録。

また、オリジナルメッセージを録音できる機能も
備えており、

例えば 「 お誕生日おめでとう 」 などと録音して、
本機をプレゼントするといったサプライズにも使えます。

オレオ ミュージックボックスはAmazon限定販売で、
4種類計8箱のオレオが付いて税別3980円。

数量限定なので、気になる方は早めにチェックして
みてくださいね。

今回の朝礼ネタは、人は無力ではなく微力だという
お話です。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本にあった話ですが、

ある海岸を歩いていると、一人の男が、
波打ち際に取り残されたヒトデを 
「 海に返してあげる 」 と言って、投げていました。

通りがかった人が、
「 なぜそんなことをしているのですか?」
と尋ねると男は、

「 俺が海に投げてやらなかったら死んでしまうからさ 」
と答えました。

通りがかった人が、

「それはもっともだけど、この海岸だけで何千という
ヒトデがいる。

それを全部拾って帰すなんて、どう考えても無理だ。

それに、世界中にはもっとヒトデがいるだろうし、
ほんの一握りのヒトデを助けても仕方がないと思うけど? 」
と言うと、

男は笑顔を見せながら、ヒトデをまた海へ投げ入れ、
「 今海に帰ったヒトデは心から喜んでいるさ 」
と話したのでした。

すべてのヒトデを救えないなら、その行為は無駄だと
いうわけではなく、

海に帰っていったヒトデが心から喜んでいるのであれば、
その一匹のヒトデを救うことには意味がある、
ということでした。

人間は、

「 自分一人ができることなんてたかが知れていて、
なにか行動をおこしても結局は何も変わらない 」
と思ってしまいがちです。

しかしながら、人間一人の力は決して無力ではなく、
微力なだけだということでした。

無力は、どれだけ足し合わせても、掛け合わせても、
その力はゼロのままですが、

微力は、足し合わせたり、掛け合わせたりすることで、
大きな力になる、ということでした。

仕事におきましても、

やる前からやってもいっしょと思って何もしないのではなく、
たとえ微力であっても、行動を起こしていけるように
心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

朝礼ネタ  トイレの忘れ物 アイデアで激減

先日テレビで、タカラトミーアーツさんから販売されている、
じゃがりこクッキング 」 という商品が紹介されていました。

この商品は、カルビーのスナック菓子 「 じゃがりこ 」 を
使って、様々なアレンジクッキングが楽しめるというもの。

まず「 じゃがりこ 」 を本体にセットし、側面にあるハンドルを
回して、粉状にします。

砕いた粉が落ちたカップに、そのままお湯を注いだり、
他の食材を混ぜたりすることで、じゃがりことはまた違った、
美味しい料理にアレンジできます。

例えば、約90℃のお湯を170cc注いで混ぜると、
ふわふわの「 マッシュじゃがりこ 」 に。

温泉卵を混ぜれば「 エッグスラット 」、
そのまま、ふりかけとしてご飯にかけて食べても
美味しいとのこと。

その他、付属の「 じゃが丸ブリスター 」 を使えば、
団子状に丸めた「 じゃが丸 」 を、

付属の「 じゃがりこブリスター 」 で棒状に成型して
焼き上げれば「 ほくほく焼きじゃがりこ 」 も作れます。

また、Twitterのフォロワーが94万人という
料理研究家のリュウジさんが発案した 「 じゃがアリゴ 」
が簡単に作れるそうで、

これは、砕いた「 じゃがりこ 」 にチーズを混ぜることで、
フランスの郷土料理 「 アリゴ 」( チーズ入りで伸びる
マッシュポテト )を越える、

さらにぐ〜んと伸びが良い 「 ハイパーじゃがアリゴ 」 が
作れるとして人気のレシピとなっています。

そのままでも美味しいじゃがりこですが、
いろいろなアレンジをして楽しんでみるのもいいですね。

今回は、忘れ物を激減させた、あるアイデアを
朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

先日読んだ記事に、
「 高速道路のSA・PAのトイレの忘れ物が、ある試みで
激減した 」 というものがありました。

それは、トイレの鍵の回す部分を大きなトレイにしてしまい、
鍵をかけるとそこが小物置きになる、というものです。

高速道路のSA・PAでは、スマホや財布など
小物のみを持って利用するお客さんが多く、

「 トイレでの一連の動作のなかで、
利用者全員が 『 最後に鍵を開ける 』 こと 」 に着目し、
この方法を思いついたそうです。

この鍵がつけられたトイレでは、設置前に54件あった
忘れ物が、設置後はなんと0件になったそうです。

また、忘れ物か減ることにより、忘れ物の問い合わせ
への対応や、忘れ物があるかどうか探しに行くなどの
職員の対応時間も、3分の1近くに減ったとのことです。

私もよく物をどこかにちょっと置いて、
持っていくのを忘れてしまうことが多いのですが、

動作の流れで、必ず目にしたり触ったりするところに
置き場所を作ることで、
忘れることも減るのかなと思いました。

仕事におきましても、置き忘れた物を探したり、
取りに行くといった無駄な時間を作らないように、
置き場所や置き方を工夫していきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ