朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 頭に乗せたタオルの効果

みなさんはトースターにこだわりはありますか?

最近では、スチームと温度制御で焼き上げる
BALMUDA The Toaster 」 や、

0.2秒で発熱する 「 Aladdin AET-GS13NW 」など、
高品質高価格のトースターも販売され、人気となっています。

そんな中、三菱電機から発売された
三菱ブレッドオーブン TO-ST1 」 は、

これまでのトースターとは一線を画す構造により、
「 サクサクなのにやわらかい 」 新食感の焼き上がりを
実現しました。

トースターの基本的な構造は、上下に配置された
ヒーター管でパンを焼き上げますが、

ブレッドオーブンは、食パン1枚焼き専用で、
均一に焼けるように上下にフラットなヒーター(プレート)
を搭載し、

狭い庫内の密閉性と断熱性を高めることでパンから出た
水分と香りを閉じ込め、クラスト( パンの耳の部分 )まで
やわらかいトーストを実現しています。

焼き色の設定も5段階あり、トッピングトーストや
フレンチトーストを焼く専用メニューも搭載。

食パン専用の1枚焼きトースターなので、
大家族には不向きかもしれませんが、

クラストが硬くて食べられない高齢者や、
硬さを嫌って残す子どもにとっては

サクサク感がありつつ、クラストもやわらかいトーストが
焼けるブレッドオーブンは魅力的。

また、甘みも増すので、クラストまでやわらかな生食パンが
好きな人には好みな食感と味わいのトーストかもしれません。

人により好みが分かれる食パンの焼き方ですが、
個人的にはクラストがやわらかい食パンが好きなので、
使ってみたいなと思いました。

今回は、銭湯で見かけるあの光景を朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

みなさんは、温泉やスーパー銭湯なんかに行って
湯船に浸かる時、タオルはどうされていますか?

昔はよく頭にタオルを乗っけて、「 極楽極楽 」 とか言ってた
おじさんがいましたが、最近はあまりいないかもしれません。

しかし、このタオルを頭に乗せるという行為は、
利にかなったことで、

水で濡らしたタオルを頭に乗せることで、
のぼせの防止になっているのだそうです。

この時、タオルは水で冷やしていることと、できるだけ
頭の広範囲に乗せることが大事なのだそうです。

一見、置き場に困ったから頭にのせていると思われがちな
タオルですが、のぼせを防止するという意味のある行為でした。

このように、昔からずっと受け継がれていることには、
ちゃんと理由があります。

仕事におきましても、こうした方が無駄な動きが少ないとか、
不良品を見つけやすいとか、
作業の仕方一つ一つに理由があります。

その理由をしっかりと理解して作業にあたり、
自分勝手なやり方をしてミスを起こさないように、
気をつけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

朝礼ネタ 砂漠の国が砂を買う理由

先日テレビで、アース製薬から発売された、
殺虫成分を一切使用しない蚊の捕獲機

アース蚊がホイホイ Mosquito Sweeper 」 が
紹介されていました。

薬剤を使わないで蚊を捕獲する製品といえば、
以前に紹介したことのある、シャープの 「 蚊取空清 」 が
有名です。

「 蚊取空清 」は、UVライト(紫外線)で蚊を誘い出し、
空気清浄機で吸い込んで捕獲する仕組みとなっていて、
発売当時、大きな話題となりました。

この人気を受け、他メーカーからもUVライト(紫外線)を
搭載した製品や、

人を見つける際に蚊が検知している二酸化炭素を
発生させる光触媒技術を備えた製品が続々と登場しました。

「 アース蚊がホイホイ Mosquito Sweeper 」 は、
そんな光触媒技術をさらに向上させ、
効率よく二酸化炭素を発生できるようになりました。

また、蚊の主食は人の血ではなく、花の蜜などの糖分で
あるため、光触媒で二酸化炭素を発生させるだけでは、
すべての蚊を誘引するのは不十分。

そこで、ある果物成分を配合した独自開発の誘引剤
「 SpMA 」 を併用することで、より効率よく
蚊をおびき寄せられるようにしたのだそうです。

気になる運転音は約33dBで、生活空間で使う分には
まったく気にならない程度。

消費電力は約1.7Wで、毎日24時間稼働しても、
1か月の電気代は30円ちょっとです。

殺虫剤シェアNo.1メーカーのアース製薬
自信の一台。

薬剤レスの蚊捕獲機をお探しの方は、
検討してみてはいかがですか?

今回の朝礼ネタは、意外や意外な雑学のお話です。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本にあったんですが、

サウジアラビアやドバイなど砂漠の国で、
砂を輸入している国がたくさんあるそうです。

そこらじゅうに砂かあるのになぜ?と思いますが、

砂漠の砂は粒子が細かすぎて、コンクリートや埋め立てに
使えないからなのだそうです。

サウジアラビアに大量に砂を輸出しているスコットランドは、

「 砂漠の国だから砂は必要ない 」 という思い込みを
捨てたことで、大きなビジネスチャンスをつかみました。

仕事におきましても、思い込みを疑い、頭を柔軟にして
業務を改善していけるように、心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ