朝礼ネタ困るよねぇ~

牛肉よりうまい豚肉を作った男

少し前ですが、テレビ東京系列で放送している
『カンブリア宮殿』を、見ました。

「牛肉を超える、日本一うまい豚肉」
作った、平田牧場会長の新田嘉一さんのお話。

新田さんは、たった2頭の豚から養豚を始めました。

はじめた当初、鹿児島県産の黒豚が
山形県産(平田牧場がある)に比べて、2倍もの価格で
市場で流通していたことに、愕然とすると同時に、

「日本で一番おいしい豚肉を作る!」 と決意したそうです。

そして3種の豚を掛け合わせた、「 三元豚 」 を作り上げます。

最も印象的なのは、1975年に、当時の平田牧場の
最大の取引先だった、ダイエーのバイヤーが
豚肉の価格を下げてほしい と要求してきます。

新田さんは、これに激怒し、取引を全面停止したのです。

そして、今では当たり前となっている、市場を全く通さない、
産直取引を始めたそうです。

1975年当時に、このような流通形態をとれたのは、自分が
「これだけのことをしてきて、完成させた味」
という、絶対的な自信 があったんだと思います。

現在では、店舗も多数構えられ、東京ミッドタウンや
銀座などにも、出店されています。

それだけの味を是非、食べてみたい!と思いました。

【送料無料】平田牧場 三元豚こだわり平牧工房 出来立ての味わいが楽しめる釜あげシリーズギフト 8点 合計970g【お歳暮】【ハム】【三元豚】 【ソーセージ】【平田牧場】【豚肉】【惣菜】【RCP】【楽ギフ_のし】【グルメ201212_食品】



⇒ カンブリア宮殿バックナンバー


関連記事

ゴン中山 42歳 現役続行へのモチベーション

先日、サッカーJ1、ジュビロ磐田所属のゴンこと
中山雅史選手が、戦力外通告を受けましたが
現役続行を表明しました。

42歳の彼ですが、会見で

「カズさんがやってるんだったら、おれも頑張りたいという
気持ちになる。カズさんの姿は、すごく強い刺激を与えてくれる。
その姿が僕の原動力なのかもしれない」

と、語りました。

そんな ライバルの存在 こそが
現役にこだわる一番のモチベーションになっているのでは、
と感じました。

スポーツの世界では、同志でありライバルといった関係が
多々見られます。

野球でいえば、桑田に清原、工藤にランディ・ジョンソンでしょうか。

そういった、仲間だけれど、ライバルだ、といえる存在が
互いを成長させるんだと思います。

それは、企業でも同じですし、社内でもそうだと思います。

ライバルと呼べるような、同期や上司を目標に
能力を高めていければ、すばらしいと思います。

まだ移籍先が決まっていない中山選手ですが
また、ピッチで躍動する姿を、早く見たいと思います。

関連記事
朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● 始めよう 資産運用

● 映画ドラマが見放題

● ワンピース一気読み

● 人気No1クレジット

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 40

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

スポンサーリンク
姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ