朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 1℃の差

先日、あるホテルを利用したのですが
ホテルの人の対応が、とても心地よかったです。

接客姿勢一つで、ホテルそのもののイメージも
変わりますよね。

今回は、トップクラスのホテルである
リッツ・カールトン・ホテルの初代日本支社長だった
高野登 さんのお話です。

リッツ・カールトンと日本人の流儀 [ 高野登 ]




↓ ここから朝礼ネタ

先日、ザ・リッツ・カールトン・ホテルの
初代日本支社長だった、高野登さんの記事を見ました。

リッツ・カールトンの仕事の流儀として
述べられていたのが

「 99℃は熱いお湯だけれども、あと1℃上がって100℃になると
  蒸気になって、蒸気機関車を動かす力が出る。

  しかし、99℃ではまだ液体だから蒸気機関車は動かせない。
  この1℃の違いを意識しながら仕事をすることが、重要である。 」

とのことでした。

では、100℃の仕事とはどんなものなのか、というと
高野さんいわく、

『 誰もがしている仕事を、誰もが考えないレベルで考えて
 懸命に汗を流さないと見えてこない世界 』

だそうです。

仕事におきましても

いいとこまでいってるんだけど、もう一つの結果なのは
99℃以下だから。

ここまでできれば、まあいっか、も99℃以下。

たった1℃の差ですが、積み重なれば、結果は大きく変わります。

一日一日、100℃の仕事に近づけるよう
がんばっていきたいと思います。


関連記事

朝礼ネタ 「 せーの! 」 で飛び出せ

秋といえば運動会。
もうほとんどのところで終わっているものかと
思います。

先日、会社の人に聞いたところ、私たちが子供のころ
使われていた運動会定番の音楽は
ほとんど流れないとのこと。

AKB的な、ノリのいい音楽がほとんどだそうで
なんだかさみしくなりました~。

今回は、そんな音楽に携わる人の朝礼ネタです。





↓ ここから朝礼ネタ

先日、吹奏楽の世界で、有名な指揮者である
大阪府立淀川工科高校吹奏楽部の名物顧問、丸谷明夫さんの
記事を見ました。

丸谷さんがいうには

例えば、5人の人間が一斉に歩くとする。
足並みを揃えるためには、隣にいる者を横目で見ながら
1歩を踏み出す。

そうすると、確かにピタッと合うんですが
どうしても、動きが鈍くなってしまう。

一方、5人が「せーの!」でバッと歩き出し
結果として、それが合っているかどうかを見る。

どっちが生き生きしているかと言えば
5人なら5人、50人なら50人が
バッと踏み出すほうにはかないません。

演奏も同じで、指揮棒に合わせて、完璧に吹くだけなら
型どおりの演奏にしかならない。

それぞれの持ち味を生かしながら
結果として合わさった音が生き生きしている。

これが日本一になれるかなれないかの差、だと
おっしゃっていました。

仕事でも、日々決められたことをこなすだけでなく
自主性 をもって行動し、会社や部署の目標達成に
貢献できるよう、がんばっていきたいと思いました。


関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 女の子が選ぶ服

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● ヘアケアのナカノ

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ