朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ ノードストロームのタイヤ

みなさまは、テレビドラマはご覧になっていますか?
個人的には、秋ドラマは、なかなかの当たりです。

中でも、面白かったのは、「 下町ロケット 」 です。

原作は、池井戸潤さんで、製作スタッフも、
あの大ヒットドラマ、「 半沢直樹 」 と同じです。

そのまんま東さんや、春風亭昇太さんなどの
個性的な方が出演されていて、面白いなぁと思えば、

立川談春さんが、涙ながらに語るシーンは、
グッとくるものがありました。

読書にスポーツもいいですが、「 テレビドラマの秋 」 も
いいものですね。

今回は、お客様第一主義を貫く企業の、顧客サービスに
まつわるお話を、朝礼ネタにしました。




↓ ここから朝礼ネタ

先日、「 ノードストロームのタイヤ 」 という話を
聞きました。

ノードストロームとは、アメリカにある、
高級デパートチェーンです。

ある日、ひとりの男が、4本のタイヤを携えて、
ノードストロームの店にやって来ました。

そして、店員に、
「 このタイヤを返品したい。代金を返してほしい 」
と言います。

しかし、ノードストロームでは、タイヤの取り扱いは
していませんでした。

ですが、応対した店員は、タイヤメーカーのカタログで、
タイヤの値段を調べ、その金額を返金します。

なぜなら、ノードストロームでは、顧客からの返品は、
すべて無条件で受け入れる方針で、店員は、
その方針通りに実行しただけだ、ということでした。

それはまあ極端な例ですが、他にも、

顧客が求めるサイズの在庫品がなかったので、
通りの向こうの競合店まで、走って行って買ってきたり、

顧客が、洗濯表示通りに洗濯しなかったために、
縮めてしまったシャツを引き取ったり、ということも
あったそうです。

仕事におきましても、

ここまでのサービスは、なかなか真似できることでは
ありませんが、

より顧客満足を高められるように、
一人一人がよりよい商品作りや、サービスの提供を、
心掛けていかなければいけないな、と感じました。


関連記事

朝礼ネタ 片づけと掃除の違い

先日、「 ズボラーネット 」 なる商品が、
大ヒットしているというニュースを聞きました。

これは、ランドリーバッグ、洗濯ネット、洗濯かごの
3つが1つになったネットで、

まずは、汚れた洗濯物を入れるかごとして使い、
洗濯する時には、かごごと洗濯機へ入れて、

洗濯が終わると、そのまま取りだし、
バックとしてベランダまで持っていく。

なので、一回一回、かごを入れ替えなくてよく、
それが便利だと、主婦に大人気なんだそうです。

洗濯は、家によっては、毎日のことですし、
洗濯物もけっこう重いので、女性は特に助かりますね。

私も洗濯をよくするので、使ってみようかなぁ。

今回は、まもなくシーズンを迎える、
大掃除に関する朝礼ネタです。




↓ ここから朝礼ネタ

先日、ときめくものだけを残すという片づけ法で有名な、
近藤麻理恵さんの本を見ました。

近藤さんが言うには、

私たちが似たようなものとしてとらえている、
「 片づけ 」 と 「 掃除 」 は、まったくの別物なんだそうです。

片づけとは、モノを捨てたり、動かしたり、収納したりして、
部屋をきれいにすることで、

掃除とは、汚れを拭いたり、ホコリを掃ったりして、
部屋をきれいにすることだそうです。

大掃除がなかなか終わらないのは、全く別物の、
片づけと掃除の、両方をいっしょにするからで、

先に、片づけを済ましておけば、後は掃除に集中するだけ
なので、大掃除が楽にできるそうです。

これから年末に向けて、家庭でも仕事場でも、
大掃除をすると思いますが、

まずは、要るもの、要らないものを区別したり、
置き場所を決めたりする、「 片づけ 」 をしっかりとして、

効率よく大掃除ができるように、
計画的に進めていきたいと思います。


関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 女の子が選ぶ服

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● ヘアケアのナカノ

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ