朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 柳井正 仕事をサッカーに例えると

みなさんは、お箸は正しく綺麗に持てますか?

私はあまり自信がないのですが、昨年から、
ただしいもちかたの絵本 」 という本が
売れているそうです。

この絵本は、子供に身近なものの持ち方を、
わかりやすい絵と文で紹介し、
親子で楽しく実践ができるようになっています。

持ち方は、「 しょくじ・りょうり 」「 あそび・まなび 」
「 くらし 」 の三つのテーマに分類され、

おはし、おわん、えんぴつ、えふで、歯ブラシ、
ぞうきんなど29項目が掲載されています。

幼児・児童が見てすぐに真似できる、
わかりやすいイラストと解説があり、

間違った持ち方の例を見て、
自分の持ち方も確認できます。

また、実践につながる遊びや工作なども
紹介されています。

子供は、成長とともに使うものが増えていきます。

それらを上手に使えるようにするためには、
なるべく早い時期に正しい持ち方を覚えることが
大切なのだそうです。

私も子供の頃に、こういった絵本で
学ばせてくれていればなぁと思ったりします。

「 ただしいもちかたの絵本 」 は、

一般の家庭はもちろん、保育園や幼稚園、
小学校、図書館、特別支援の先生方などからも
評価されているそうです。

ある幼稚園の保育参観での出来事。

昼食の時間に食べものや飲みものをこぼした
園児たちがいました。

すると、先生ではなく、自分たちで教室の
手洗い場から台ふきんを持ってきて机の上を拭き、
水道で洗って元の場所に戻したのです。

自宅では台ふきんではなく、ティッシュペーパーや
ウエットティッシュを使う家庭が多いので、

その姿を見て感激した保護者たちが
たくさんいたそうです。

このように、普段は家庭で保護者でも
あまりしないようなことを、
幼児はこの絵本から学んでいるとのこと。

子供だけでなく、実際に大人も一緒にやってみると、
それぞれの指の役割分担もあり、

いかに手が複雑な動きをしているか、
ということがよくわかるそうです。

子供の教育だけでなく、持ち方の下手な大人も
一読の価値のある絵本かも知れませんね。

今回は、ユニクロの柳井正さんの言葉を
朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ、ユニクロの柳井正さんの本にあった
例え話なんですが、

柳井さんいわく、会社はスポーツに似ているそうです。

サッカーで例えると、監督はゴールの所在を告げ、
ゴールにたどり着くためのルールと戦略を示し、

選手の適性に合うポジションを割り振り、
厳しい練習を重ねる。

しかし、状況が変化し続ける試合の最中に、
「 ここでキックしろ 」 と命令することはできない。

選手個々人が、与えられた戦略的知識を活かし、
自分のポジションを考え、
状況を把握して臨機応変に動かなければならない。

そこでは、自分は命令する人、僕は命令通りにやる人、
と言う関係は成立しない。

それでは、試合に負けてしまう。

仕事も同じで、社長や上司に言われたことを、
どんな状況でもそのまま行っているようではダメで、

社員一人一人が、社長や上司の言いたいことの
本質を理解した上で、
臨機応変に動かなければならない、ということでした。

私自身も指示待ちになったり、
言われたことをただ行うのではなく、

現場での 「 気づき 」 を行動に変えていけるように、
心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事

朝礼ネタ かばんはハンカチの上に

先日テレビで、「 ソニック・デキャンタ 」 という商品が
紹介されていました。

この商品はクラウドファンディングで商品化されたもので、
超音波を使ってワインを美味しく熟成させる商品です。

ソニック・デキャンタは、超音波の振動により、
細かい気泡でワインを攪拌( かくはん )することによって
酸素を抜くため、

劣化することなくわずか20分で、
熟成したヴィンテージワインのような味と香りに
変化するとのことです。

またワインだけでなく、日本酒やウィスキーにも
使えるとのこと。

ワイン好きの女子や、熱燗で1杯というおっさんも、
一度チェックしてみてはいかがですか?

今回の朝礼ネタは、人とほんの少し違うことをする
営業マンのお話です。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本に、ある保険の営業マンの話が
ありました。

その営業マンは、オフィスや店舗を訪ねて、
靴を脱いで上がる場所、応接室や自宅のリビングなどに
案内された際、

持っていた営業かばんを、白いハンカチを敷いた上に
置くのだそうです。

なぜかというと、その営業かばんは、

外で携帯電話をかけるときに 「 地べた 」 に置いたり、
電車やカフェの中で足元に置いたり、
ひょっとしたら、トイレで床に置いたものかもしれません。

それらは普段、靴で歩いている場所です。

つまり、営業かばんの底は靴底と同じようなものなので、
床を汚さないように、
かばんの下にハンカチを敷くのだということでした。

その行動を見たほとんどのお客さんが、
「 そんなことしなくていいですよ!」 と言うそうです。

この言葉はつまり、

「 そんなことまでする営業の人は、
今までうちに来たことがありません 」

という意味でもあります。

実際、お客様に申し込みをしていただいた際に、

「 初めてうちに来たときに、カバンの下にハンカチを
置いたでしょう。
その時にあなたのお客さんになりたい!と思いました 」

という言葉を言われたことが、
今までに何回もあるのだそうです。

このように、人と 「 ほんの少し違うこと 」 をやるだけで、
相手に与える感動は大きく、

それを徹底して続けることが大切なのだと
いうことでした。

私も、お客様に喜んでいただけるような、
「 人とほんの少し違うこと 」 を見つけて、

それをやり続けていけるように、
がんばっていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 女の子が選ぶ服

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● ヘアケアのナカノ

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ