朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 情報過多の伝え方

2020年から、小学校でプログラミング教育が必修化されます。

プログラミング教育は、コンピュータープログラムを
意図通りに動かす体験を通じ、論理的な思考力を育むとともに、

幼いころからプログラムの世界に触れ、
ITに強い人材を育成するという狙いがあるそうです。

熱心な親たちは、いち早くこのプログラミング教育を始めようと、
プログラミングトイという玩具を購入しています。

プログラミングトイは、値段の高いものも多いのですが、
比較的安価で人気なのが、「 ロボットタートルズ 」 です。

ロボットタートルズは、カメを動かしてゴールへ導く
ボードゲームで、対象年齢は4歳から。

まずゲームの進行役となる大人が、
盤上にカメ、宝石(ゴール)、カメの進行を邪魔する
障害物をセットします。

プレイヤーとなる子どもたちは、「 前に進む 」
「 右に曲がる 」「 左に曲がる 」 などの
「 コードカード 」 を使って、カメに命令を出します。

カメを動かすのは進行役の大人の仕事で、
子供はカメに触ることはできず、カメに命令を出して
思ったように動くかどうかを見るだけです。

他にもさまざまなコードカードがあり、ゲームを通じて、
プログラミングを学ぶことができます。

このゲームの良いところは、パーティーゲームで
あるところです。

家族で楽しく遊びながら子どもたちは学ぶことができ、
一人でやるテレビゲームとは違って、
コミュニケーション力も育てることができます。

IT時代のプログラミングを学ぶのに、
アナログなボードゲームというのもなんか面白いですね。

今回は、そんな情報化社会の情報の伝え方について、
朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本に、伝え方に関する話がありました。

例えば、あなたがおでん屋さんだったとして、
カウンターのお客さんから、

「 大根と厚揚げ、しらたき、卵に牛すじとがんもどき、
あとタコとつみれとはんぺん、餅入り巾着とジャガイモを
お願いします 」 と言われたらどうでしょうか?

メモでも取らない限り、まず覚えられないと思います。

そうではなく、「 まずは大根と厚揚げ、あとしらたき 」 と、
3つだけ言われたらどうでしょうか?

おそらく、覚えられると思います。

実は人間は、一度に処理できる情報の量が決まっていて、
3つから5つくらいまでしか、一度に処理できないそうです。

ただし、5つも一度に処理できるのは、
かなり優秀な人なので、

「 普通の人は、一度に3つまでしか情報を処理できない 」
と考えたほうが良いそうです。

携帯電話の番号も、11桁の数字をひと並べにするのでは
なく、「 090-1234―5678 」 のように、

3・4・4の3つのかたまりに分けることで、
ようやく覚えられるのだ、ということでした。

私自身も、人に何かを伝える時、
言いたいことをすべて言ってしまいがちなのですが、

要点をしぼったり、小分けにして伝えるなど、
聞く側が理解しやすく伝えられるように、
心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事

朝礼ネタ ルール違反の罰則

カシオから販売されているプレミアム電卓
CASIO CALCULATOR S100 」 がヒットしているそうです。

価格は、聞いてビックリの2万円を超える高級品。

それでも売れている理由は、作り手のこだわりが詰まった
クオリティの高さ。

液晶は蛍光灯などの光が反射せず、鮮明に数字が見えますし、
タッチキーは、打ちやすく心地よいタッチ感。

入力時、キーから指を離す前に押しはじめても、
次の次のキーまでしっかり認識する3キーロールオーバー搭載。

長期間の使用でも数字が消えない、2色成型仕上げ。
人間工学に基づき、打ちやすさを追求したキー配列とキー形状。

細部にまでこだわったスタイリッシュなデザインが、
洗練された上質感を演出。

などなど、国内生産でカシオのこだわりを詰めこんだ
至高の一品。

画面が見やすく、ボタンの押し心地も良い、
とにかく使いやすいと購入者の評判も上々のようです。

仕事で電卓を使われる方はもちろん、家庭でも、
家計簿などで電卓を頻繁に使われる方は多いと思います。

「 日々使うものほど良いものを選びたい 」 と思われる
あなたは、所有している喜びも感じられる高級電卓、

「 CASIO CALCULATOR S100 」 を使ってみては
どうでしょうか。

今回の朝礼ネタは、ある水泳大会での出来事からです。



↓ ここから朝礼ネタ

先日友人から聞いた話ですが、

子供の水泳大会に応援に行った時、開始前に何度も
「 これをしたら失格になりますよ 」 という注意事項が
説明されていたそうです。

にもかかわらず、一人の子供が一位になった際に、
喜びのあまり、禁止されている行為をしてしまいました。

その子は、せっかく一位になったのに失格となり、
次の大会にも出場できなくなったそうです。

仕事におきましても、いろいろな決まりごと、
ルールが存在します。

ルールを守らなかったがために、事故が起きたり、
クレームにつながることもあるかもしれません。

知らなかった、聞いていなかったという言い訳をしないように、
ルールや注意事項を今一度確認して、
業務に取り組んでいきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

関連記事
スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 40

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ