朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 新幹線がブレーキをかけて止まるまでの距離

10月に入り、街中はハロウィーン一色に
なってきましたね。

ちなみにハロウィーンは、日にちが決まっていて、
毎年10月31日です。

ハロウィーンの由来は、もともとはヨーロッパのケルトと
呼ばれる民族の行事だそうです。

ケルト人の歴は、11月1日が新年だったため、
日本でいう大晦日にあたる10月31日に、

秋の収穫をお祝いし、
悪霊を追い出すお祭りとして行われていたそうです。

また、この日には、あの世から魔物がたくさんやって
来るらしく、

自分の身を守るために怖い格好をしていたのが、
仮装のはじまりだそうです。

由来を知ると、なんとなくハロウィーンが身近に
感じられるようになった気がしますが、
みなさんはどうですか?

仮装をするもよし、美味しいものを食べるもよし。
みなさん、ハロウィーンをいっぱい楽しみましょう!

今回は、問題解決に行き詰まった時の、
逆転の発想を朝礼ネタにします。

送料無料【カラーマント コスプレ衣装 大人用 子供用 】コスプレ マント 魔女 リバーシブル レッド 赤 パープル 紫 ブルー ブラック 黒 キッズ メンズ レディース イベント マジシャン 仮装 パーティ ハロウィン 学際 学芸会 コスチューム お揃いコーデ aa

価格:1,480円
(2017/9/30 22:35時点)
感想(114件)




↓ ここから朝礼ネタ

以前テレビで見たのですが、

日本の鉄道の最高速度は、時速130kmと決められている
そうです。

これは、運転手が障害物を発見して、
ブレーキをかけて止まれる距離( 600m )から
計算されているそうです。

今から50年前、日本で初めて新幹線が開通する時、
このブレーキをどうするかがひとつの問題になったそうです。

というのも、時速260kmで走る新幹線は、
ブレーキをかけてから止まるまでに4kmもの距離が
必要になるそうです。

4km先なんて見えるわけがないので、
運転手が何かを発見してブレーキをかけても、
絶対に間に合わないということになります。

ではどうしたのかというと、

「 ブレーキをかけなくてすむように、
線路内に何も入り込めなくする 」

という方法をとったのでした。

つまり、ブレーキをかけても間に合わないのなら、
「 ブレーキをかけるような状況を作らなければ良い 」
というまったく逆の発想を思いついたのでした。

こうして新幹線は、

全線立体交差で踏切を作らないように作られ、さらに、
新幹線の線路内への立ち入りを禁止する法律が作られた、

ということでした。

このように、

目の前に何か困った問題が起こったとき、「 正攻法 」 で
原因と改善を図るのはもちろん大切なことですが、

どうにもこうにもならないときは、「 逆転の発想 」 を
してみるのもよいかもしれません。

仕事におきましても、頭を柔軟にして、
問題の解決に当たっていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 女の子が選ぶ服

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● ヘアケアのナカノ

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ