朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ マグロ漁船の漁師の仕事

先日テレビで、シャープから販売されている
TEKION LAB 保冷バッグ 」 という商品が
紹介されていました。

蓄冷材ユニットと保冷バッグがセットになったこの商品は、
蓄冷材ユニットを冷凍庫に入れて凍らせておくと、

包んだ飲料をマイナス6度付近に冷やし、
キープすることができるのだそうです。

この技術は元々、高温から低温まで、さまざまな
温度条件の下で正常に動作する液晶ディスプレイを
開発する上で得られた成果を応用したもの。

これが特定の温度帯をキープできる素材の発見に
つながり、すでに停電が多いインドネシア向けの
冷蔵庫で、この技術が利用されているそうです。

蓄冷材ユニットは、中に入れた飲み物がマイナス6度
程度になるように調整されていますが、

技術的には、28度からマイナス24度の範囲で
ターゲット温度を設定した蓄冷材の製造が可能との
ことです。

今後、いろいろな分野でこの技術が
使われていくかもしれませんね。

「 TEKION LAB 保冷バッグ 」 は、

日本酒やビール、酎ハイといったアルコール飲料や
ノンアルコールの炭酸飲料を冷やすことで、
これまでにない味わいが楽しめます。

マイナス2度で日本酒を飲むと、
最初は口の中でキリッとした冷たさを感じ、

口の体温によって温度が上がるため、
徐々に香りや甘みが華開くとのこと。

これからの季節、お花見に行って
キンキンに冷えたビールっていうのもいいですね!

今回の朝礼ネタは、マグロ漁船の漁師さんに学ぶ、
仕事の心構えです。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本に、マグロ漁船の漁師さんの話が
ありました。

漁師さんに 「 何時間も縄を流して、マグロの姿すら
見えないと嫌になりませんか?」 と聞くと、

「 おい達は、事前に縄に傷がないか調べた。
針も磨いた。

エサを針につけた。
縄を入れてから3時間待った。

おい達にできることはすべてやった。

それから後のマグロが捕れるかどうかなんて、
海が決めること。

陸の人たちは、人間ではどうにもならんことまで、
なんとかしようとしとる。

それが疲れる原因よ。」 と話しました。

仕事におきましても、

自分がやったことがなかなか結果で返ってこず、
嫌な気持ちになることもあります。

結果が出るには、タイミングもあれば運もあります。

大切なことは、
自分にできることをすべてやったかどうか。

私もマグロ漁船の漁師さんのように、
後のことは考えずに、今できる最善を尽くして
行動できるように、心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

コメント

Secret

朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● 始めよう 資産運用

● 映画ドラマが見放題

● ワンピース一気読み

● 人気No1クレジット

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 40

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

スポンサーリンク
姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ