朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ ナスルディンの鍵

最近じわじわと人気になってきているのが、
真空低温調理法です。

タンパク質に熱を加えると50℃辺りから変化を起こし、
70℃を超える辺りには固く縮んでしまいます。

科学的に言えば、55℃〜58℃辺りが
もっとも柔らかくなります。

この温度帯を意図的に狙う事が「 低温調理 」 なのですが、
温度を一定に保ち続ける難しい調理法になります。

それを簡単にしてくれる低温調理器が
BONIQ (ボニーク) 」 です。

BONIQなら簡単に一定温度を保ち続け、
固くなりがちなお肉も低温調理によって、
レストランのようにやわらかく仕上げてくれるとのこと。

使い方も簡単で、あらかじめ温度と時間を設定しておいた
BONIQを、水 ( お湯 ) をいれた鍋の中に入れます。

鍋に入れた水が、設定した温度になればアラームが
鳴るので、お肉を入れたフリーザーパックを入れるだけ。

設定した時間が経つと再度アラームが鳴り調理完了。

安いお肉が、やわらかくて美味しいお肉に大変身とのこと。

焦がす心配もなければ、いちいち焼き加減を見なくてもよく、
ほったらかしでもオッケーなところが良いですね。

うちは安いお肉しか買えないので、是非試してみたいです。

今回は、鍵を探す男の寓話を朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本にあった話なんですが、

ある一人の男が、自宅前の土の上で、
這いつくばって探し物をしていました。

そこに友人がやって来て 「 何を探しているんだ?」
と尋ねたところ、男は 「 鍵だ 」 と答えました。

それは大変だと、友人も膝をついて一緒に鍵を
探しはじめます。

それでも、なかなか見つからないので友人は、

「 どこで鍵を失くしたのかを正確に言ってみて 」
と尋ねたところ、男は、「 家の中だよ 」 と答えました。

友人が、「 それなら、なぜ外を探しているんだ?」
と尋ねると、男は、

「 家の中よりも、ここのほうが明るくて
探しやすいからさ 」 と答えた、というお話でした。

この話を聞いて、バカな男だなぁと思った方も多いと
思いますが、あなたも実はこの男のようになって
いませんか?ということでした。

人はたいてい、「 探すべき場所 」 ではなく、
「 探しやすい場所 」 で大切なものを見つけようとして
しまうのだそうです。

仕事におきましても、見えやすい部分ではなく、
物事の本質に目を向けて、根本的な真因追求、
改善がしていけるように、心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 30

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● ワンピース一気読み

● 楽天ポイント2倍

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ