朝礼ネタ困るよねぇ~

朝礼ネタ 情報過多の伝え方

2020年から、小学校でプログラミング教育が必修化されます。

プログラミング教育は、コンピュータープログラムを
意図通りに動かす体験を通じ、論理的な思考力を育むとともに、

幼いころからプログラムの世界に触れ、
ITに強い人材を育成するという狙いがあるそうです。

熱心な親たちは、いち早くこのプログラミング教育を始めようと、
プログラミングトイという玩具を購入しています。

プログラミングトイは、値段の高いものも多いのですが、
比較的安価で人気なのが、「 ロボットタートルズ 」 です。

ロボットタートルズは、カメを動かしてゴールへ導く
ボードゲームで、対象年齢は4歳から。

まずゲームの進行役となる大人が、
盤上にカメ、宝石(ゴール)、カメの進行を邪魔する
障害物をセットします。

プレイヤーとなる子どもたちは、「 前に進む 」
「 右に曲がる 」「 左に曲がる 」 などの
「 コードカード 」 を使って、カメに命令を出します。

カメを動かすのは進行役の大人の仕事で、
子供はカメに触ることはできず、カメに命令を出して
思ったように動くかどうかを見るだけです。

他にもさまざまなコードカードがあり、ゲームを通じて、
プログラミングを学ぶことができます。

このゲームの良いところは、パーティーゲームで
あるところです。

家族で楽しく遊びながら子どもたちは学ぶことができ、
一人でやるテレビゲームとは違って、
コミュニケーション力も育てることができます。

IT時代のプログラミングを学ぶのに、
アナログなボードゲームというのもなんか面白いですね。

今回は、そんな情報化社会の情報の伝え方について、
朝礼ネタにしてみました。



↓ ここから朝礼ネタ

以前読んだ本に、伝え方に関する話がありました。

例えば、あなたがおでん屋さんだったとして、
カウンターのお客さんから、

「 大根と厚揚げ、しらたき、卵に牛すじとがんもどき、
あとタコとつみれとはんぺん、餅入り巾着とジャガイモを
お願いします 」 と言われたらどうでしょうか?

メモでも取らない限り、まず覚えられないと思います。

そうではなく、「 まずは大根と厚揚げ、あとしらたき 」 と、
3つだけ言われたらどうでしょうか?

おそらく、覚えられると思います。

実は人間は、一度に処理できる情報の量が決まっていて、
3つから5つくらいまでしか、一度に処理できないそうです。

ただし、5つも一度に処理できるのは、
かなり優秀な人なので、

「 普通の人は、一度に3つまでしか情報を処理できない 」
と考えたほうが良いそうです。

携帯電話の番号も、11桁の数字をひと並べにするのでは
なく、「 090-1234―5678 」 のように、

3・4・4の3つのかたまりに分けることで、
ようやく覚えられるのだ、ということでした。

私自身も、人に何かを伝える時、
言いたいことをすべて言ってしまいがちなのですが、

要点をしぼったり、小分けにして伝えるなど、
聞く側が理解しやすく伝えられるように、
心がけていきたいと思います。


 こちらのブログもチェック ⇒ 朝礼ネタ 話のネタ

コメント

Secret

朝礼ネタにした  モノ
● 自動車保険 見直し 価格.com自動車保険 比較・見積もり

● 始めよう 資産運用

● 映画ドラマが見放題

● ワンピース一気読み

● 人気No1クレジット

● 買い物するなら

  ● 最大級の品揃え

● 大人カジュアル

● チケット買うなら チケットぴあ

プロフィール

ゆずMAN

Author:ゆずMAN
年齢:Over 40

朝礼ネタの感想、  
希望など、  
お待ちしています。

⇒ お問合せ

スポンサーリンク
姉妹ブログ
朝礼ネタの    チョイス
朝礼ネタの検索
朝礼ネタ     月別アーカイブ
最新の朝礼ネタ
朝礼ネタへの   コメント
朝礼ネタへの   トラックバック
朝礼ネタ探しの  リンク
朝礼 ネタ